不動産投資が今一般の方に注目されていますが投資である以上失敗することもあります。財産が増えないどころか逆に赤字になってしまい破産の可能性もあるので気を付けなければいけません。失敗で多いのが入居者が見つからず家賃が入ってこないというものです。マンションなどの不動産投資に多いのですが、ローンの返済をするときには家賃収入から支払います。しかし入居者がいなければ家賃も入ってこず、自分の本業の収入から支払う羽目になるのです。マイホームではなく投資用の物件ですので借りられなければただの金食い虫になってしまい、最終的にはどうにもならず売却する羽目になります。このような失敗を防ぐためには最初からサブリースなどを利用するのがいいでしょう。こちらを利用すれば空室になっても家賃が支払われますので赤字のリスクを下げられます。あと不動産投資物件を見誤った事が原因というのもあります。高い物件を購入したからと言って必ずしも家賃も高くできるとは限りません。また辺鄙であまり多くの人が暮らさない地域の物件を購入してしまったために家賃収入が得られないというのもあります。これに関しては事前にリサーチが必要です。基本的に駅の近くの物件ですと少々古くても借りる方がいますのでリスクも抑えられます。あと大事なのは専門家に相談する事です。サブリースの専門家に相談すれば必ず家賃収入の得られる物件を紹介してくれます。収入の得られない物件を紹介してもサブリース会社には全く得はありませんので安心して依頼しましょう。