不動産投資はミドルリスクミドルリターンと呼ばれるもので、しっかりと状況を判断すれば長期間にわたって、そこそこの利益を得ることが可能な投資方法になります。一般に不動産投資では不動産の利回りを提示しているものがありますが、これは金融商品などの利回りとは異なる点に留意しておく必要があります。不動産利回りの仕組みとしては、不動産の購入価格を満室時の年間賃料で割ったものになります。つまり、不動産投資として購入したものの最大値を示しているものであるため、絶対値ではありません。もちろん金融商品もあくまでも目安となる数字ですが、不動産に比べれば比較的、約束された数字に近いものを得ることができますし金融商品であればいつでも売却できます。一方で、不動産の場合にはこの変動幅が広く、また金融商品と異なり簡単に売却できないため足かせになるリスクがあります。またその不動産の利用者が少なければ収入が減ります。金融商品では放っておいても経費はそれほど掛かりませんが、不動産の場合には所有している限り税金やメンテナンスの経費が必要であり、そのため活用方法を考えなければいけません。単純に賃料を下げる方法もありますが、これは得られるお金が減少することを意味しています。このため不動産投資の場合にはケースによってはマイナスになるリスクが存在しています。これらを避けるためには事前にその不動産の有用性を認識しておく必要があります。