Skip to content

不動産投資の利回りについて

不動産投資はミドルリスクミドルリターンと呼ばれるもので、しっかりと状況を判断すれば長期間にわたって、そこそこの利益を得ることが可能な投資方法になります。一般に不動産投資では不動産の利回りを提示しているものがありますが、これは金融商品などの利回りとは異なる点に留意しておく必要があります。不動産利回りの仕組みとしては、不動産の購入価格を満室時の年間賃料で割ったものになります。つまり、不動産投資として購入したものの最大値を示しているものであるため、絶対値ではありません。もちろん金融商品もあくまでも目安となる数字ですが、不動産に比べれば比較的、約束された数字に近いものを得ることができますし金融商品であればいつでも売却できます。一方で、不動産の場合にはこの変動幅が広く、また金融商品と異なり簡単に売却できないため足かせになるリスクがあります。またその不動産の利用者が少なければ収入が減ります。金融商品では放っておいても経費はそれほど掛かりませんが、不動産の場合には所有している限り税金やメンテナンスの経費が必要であり、そのため活用方法を考えなければいけません。単純に賃料を下げる方法もありますが、これは得られるお金が減少することを意味しています。このため不動産投資の場合にはケースによってはマイナスになるリスクが存在しています。これらを避けるためには事前にその不動産の有用性を認識しておく必要があります。

不動産投資ローンとはどういう物か

不動産投資ローンとは、投資用の不動産を買うためのローンです。これには、利点もあれば難点もあります。まず、不動産投資ローンの利点は二つです。一つ目は、「レバレッジをかけられる」。レバレッジとは、「てこ」のことです。このローンを利用すれば、自己資金を上回る投資用不動産を買うことができます。つまり、てこの原理のように、少ない力(資金)で大きな物を動かせる(利益を得られる)ということです。二つ目は、「迅速な投資ができる」。自己資金だけで投資用不動産を買おうと思ったら、かなりの時間をかけなければなりません。しかし、このローンを利用すれば、お金が貯まるのを待つ必要がないので、よい物件があればすぐに買うことができます。一方、不動産投資ローンの難点は三つあります。一つ目は、「空室のリスクがある」。ローンの返済の原資は、基本的に家賃収入です。しかし、空室があると家賃収入は減ってしまいますが、返済はきっちり行わなければなりません。二つ目は、「売る時期によっては、残債が発生するおそれがある」。仮に物件を売らざるをえなくなった場合、買って間もない時期だと、ローンの残債より売り値のほうが低くなってしまうことがあります。手持ちの資金がなければ、抵当権が外せないので、最悪売ることもできなくなります。三つ目は、「債務整理のリスクがある」。どうしてもローンを返せなくなったら、自己破産などの債務整理を行わなければならなくなることもあります。

不動産投資のリスクについて知ろう

今は銀行の金利もかなりの低金利ということもあり、投資で資産を増やす人も多くなっています。投資はハイリターンのメリットがありますが、いつでも利益が出るというわけではなくリスクも伴いますので、良い面だけではなくデメリットについても理解しておく必要があります。最近は不動産投資も人気で、マンションやアパートを購入し、家賃収入を得ている人も増えています。不動産投資は大きな利益があげられるわけではありませんが、長期に安定した利益が得られるとうメリットがあります。不動産投資を行う際はリスクについても知っておきたいですが、まずは投資用の物件を購入する必要がありますので、十分な資金がない場合は順調な運営は難しくなってしまいます。さらに不動産投資で気になるのは空室のリスクです。せっかく物件を購入しても入居者が集まらないと利益を上げていくことは難しくなってしまいます。物件選びで失敗してしまうと入居者が集まりにくくなりますので、立地の良さや競合物件と差別化できるかはよく確認し、慎重に選んでいきましょう。さらに入居者が入った場合も家賃の滞納があると利益になりませんので、家賃をきちんと回収できる対策も行っておく必要があります。このほかでは火災は自然災害の可能性もありますので、もしもに備えた保険の加入も考えておく必要があります。そして、物件も経年劣化していきますので、そのときに補修の費用も必要となりますので、そうした資金も確保しておかなくてはいけません。もし今すぐ資金が必要になったら、とりあえず借りやすい消費者金融から借りておくのがベストかもしれませんね。プロミスやらアコムなどが有名どころではありますが、個人的に竹中直人アニキが好きなのでもし借りるならモビットかな?とか妄想していたり(笑)私と同じく竹中直人が好きな人は下のサイトでニヤついてください。↓↓↓
http://www.animalspluswriting.com/

不動産投資と節税の関係性

不動産投資というと、何だか難しそうなイメージがあるので「興味はあるが、手が出しにくい」と思っている人は少なくありません。しかし、不動産投資には「節税」という大きなメリットがあります。サラリーマンであれば、「税金は天引きされる物」というイメージが染み付いていますが、やり方次第で納めるべき税額を減らすことは可能です。その方法の一つが、不動産投資というわけです。つまり、不動産への投資は、将来の資産を作れるだけでなく、節税もできるということです。節税可能な税金は、以下の三つです。一つ目は、「所得税」。所得税は、収入から支出を引いた所得に対して課される税金です。所得が増えるにつれて税率も上がる「累進課税」という方法を採っているので、所得が多いほど納めるべき税額も増えます。所得にはいろいろな種類があり、不動産への投資は「不動産所得」となりますが、サラリーマンであれば「給与所得」との「損益通算」が可能です。不動産所得が赤字になった場合、確定申告をすれば所得税が還付される可能性があります。二つ目は、「住民税」。住民税は、所得税の額をベースに計算されるので、所得税が減ればそれに伴って減ることになります。三つ目は、「相続税」。相続の際、不動産の評価額は相場の7~8割ほどになります。誰かに貸したりしていると、さらに評価は下がります。つまり、現金を不動産に変えることで、相続税の額を下げることができるというわけです。

不動産投資で失敗しないために

不動産投資が今一般の方に注目されていますが投資である以上失敗することもあります。財産が増えないどころか逆に赤字になってしまい破産の可能性もあるので気を付けなければいけません。失敗で多いのが入居者が見つからず家賃が入ってこないというものです。マンションなどの不動産投資に多いのですが、ローンの返済をするときには家賃収入から支払います。しかし入居者がいなければ家賃も入ってこず、自分の本業の収入から支払う羽目になるのです。マイホームではなく投資用の物件ですので借りられなければただの金食い虫になってしまい、最終的にはどうにもならず売却する羽目になります。このような失敗を防ぐためには最初からサブリースなどを利用するのがいいでしょう。こちらを利用すれば空室になっても家賃が支払われますので赤字のリスクを下げられます。あと不動産投資物件を見誤った事が原因というのもあります。高い物件を購入したからと言って必ずしも家賃も高くできるとは限りません。また辺鄙であまり多くの人が暮らさない地域の物件を購入してしまったために家賃収入が得られないというのもあります。これに関しては事前にリサーチが必要です。基本的に駅の近くの物件ですと少々古くても借りる方がいますのでリスクも抑えられます。あと大事なのは専門家に相談する事です。サブリースの専門家に相談すれば必ず家賃収入の得られる物件を紹介してくれます。収入の得られない物件を紹介してもサブリース会社には全く得はありませんので安心して依頼しましょう。